2017年01月29日

予想外の急展開に驚き、そのあと落ち着いて心から祝福 〜稀勢の里悲願の初優勝、そして第72代横綱に昇進〜

1月10日の記事(http://keep-alive.seesaa.net/article/445759602.html?1485645130)で私は、大事な一番で勝てない錦織圭と稀勢の里に対し、「善戦マンから脱却してチャンピオンになれ!」と叱咤激励した。そうしたらその稀勢の里が初場所でついに念願の初優勝、さらに横綱昇進を決めた。本当はすごくうれしいはずなのに、展開が早すぎて、その後何日かは戸惑いの気持ちが消えなかった。ここ数日でようやく落ち着き、「第72代横綱・稀勢の里」の誕生を心から祝福している。

横綱審議委員会の横綱推薦の内規は、@品格・力量が抜群 A大関で連続優勝、またはそれに準ずる成績 と規定されている。稀勢の里の場合、土俵上の態度や振る舞いは十分品格があるし、昨年に年間最多勝を挙げたように力量も十分あるので、@はクリアしている。しかしAは、先場所(九州場所)は優勝次点の成績なので、連続優勝はしていない。となると「それに準ずる成績」に当てはまるかだが、過去の例で見ると、優勝+優勝同点(優勝決定戦で敗れる)または優勝次点というケースが多い。これで見ると稀勢の里は「準ずる成績」を挙げている。ただ先場所が12勝3敗という、優勝次点にしてはやや物足りない成績なのだが、それでも14日目に優勝が決まった時点で(つまり千秋楽の白鵬戦の結果が出る前に)、八角理事長は横綱審議委員会に稀勢の里の横綱昇進を諮ることを決めている。このすばやい動きの根拠になったのが、稀勢の里の直近6場所の高いレベルでの安定感である。

2016年春:13勝2敗   夏:13勝2敗   名古屋:12勝3敗
秋:10勝5敗   九州:12勝3敗  2017年初:14勝1敗(優勝)


勝率は8割2分2厘。これは現在の3横綱の昇進前6場所の勝率(日馬富士7割5分5厘・鶴竜7割3分3厘・白鵬6割5分5厘)を大きく上回っている。加えて、昨年は3横綱を抑えて年間最多勝を挙げている。横綱をも上回る高いレベルでの安定感を示している稀勢の里、相撲協会や横審にしてみれば、「あとは優勝するだけ」と、彼の優勝を手ぐすね引いて待っていたに違いない。そしてついについに実現した初優勝、その瞬間、まさに引き絞っていた矢が放たれたように、八角理事長は横審に諮問したのだ。横審にしてもまさに「諸手を挙げての推薦」だっただろう。

(千秋楽に白鵬に勝ったのは、単に「初優勝と横綱昇進に花を添えた」だけでなく、これまで「ここという一番で敗れ続けてきた大きな壁を破った」という意味でも、大きな白星だった

稀勢の里は毎日新聞への手記で、「目指すところにはまだ4割程度しか到達していない。自分は昔から体つきが5〜6歳若いから、今は30歳だが、25歳だと思っている。自分は早熟で晩成という珍しいタイプ」と記している。史上2番目のスピード出世で入幕しながら、大関と横綱で大きな壁にぶつかった稀勢の里。年齢的には遅咲きの横綱だが、本人の言う通り「今は25歳」なら、まったく遅咲きではない。むしろ最大の壁をついに破ったここから、彼の相撲人生の真骨頂が見られるのかもしれない。陰りが見える白鵬、成績が不安定な日馬富士と鶴竜。この先輩横綱たちを尻目に、ここから稀勢の里の「遅れてきた黄金時代」が花開くか。その抜群の安定感が今後も持続すれば、これは十分にあり得るだろう。

昨年急逝した元横綱・千代の富士は、25歳で横綱に昇進。その31回の優勝のうち19回が、30歳を超えてからの優勝である。当年30歳の稀勢の里、「今は25歳」「早熟で晩成」なら、この大横綱と同じぐらいの優勝回数を重ねてもまったく不思議ではない。私は真剣に、「稀勢の里の遅れてきた黄金時代」を期待し、かつ信じる。

posted by デュークNave at 09:43| Comment(0) | スポーツ-相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

「ウルフ」千代の富士・逝く 〜すべてに切れ味鋭く、カッコよかった稀有の力士〜

大相撲史上どの力士が一番好きかと問われれば、私は間髪入れず「ダントツで千代の富士!」と答える。

「ウルフ」と呼ばれた精悍なマスク。力士には珍しい筋骨隆々とした締まった体つき。きれいに高々と足が上がる四股。すばやく前みつを引いて一気に前に出る、スピード感あふれ切れ味鋭い取り口。そして豪快なウルフスペシャル(相手の頭を押さえながらの上手投げ)。とにかくすべてにおいてキリリと締まった、カッコいい横綱だった。


その千代の富士、現九重親方が亡くなったというニュースをネットで見た時は、にわかに信じられなかった。最初は師匠の北の富士勝昭さんのことかと思ったが(それでも大ショックだっただろうが)、千代の富士と知って驚き、かつ大きな衝撃を受けた。61歳とまだ若かったし、「あのスーパーマンのような人がそんな若さで死ぬはずがない」と、受け入れることができなかったのだ。


第58代横綱・千代の富士は、まさに「記録にも記憶にも残る」大横綱だった。「記録」では、優勝31回(史上3位)、通算1045勝(同2位)、幕内807勝(同3位)、横綱在位59場所(同2位)、53連勝(同3位)。


記憶では、十両・平幕のころの豪快な投げ、それに伴う度重なる肩の脱臼。その「ガラスの肩」を克服するためにハードな筋トレを自分に課し、肩を筋肉の鎧で固める。取り口も肩の負担の少ない前みつを引いての速攻相撲に変身し、ここから快進撃が始まる。関脇で当時の大横綱・北の湖を優勝決定戦で破って初優勝、場所後大関に昇進。大関3場所目でまたも北の湖を破って2度目の優勝、場所後横綱に昇進。その後も北の湖、双羽黒、大乃国らとしのぎを削りながら、優勝31回を積み重ねた。


そしていまだ記憶に新しい、貴花田(のちの横綱貴乃花)との初対戦。結局最初で最後の対戦となったこの一番で敗れ、その2日後に引退を表明。「体力の限界。気力もなくなり、引退することになりました。以上です」と声を詰まらせながら語った引退会見は、今思い出しても胸が詰まる。


しかしこういう記録や記憶もさることながら、何といっても好きだったのは、上に書いた通りの「精悍さあふれるカッコよさ」。ルックス・取り口ともにキリリと締まった横綱で、あんなシャープな力士は過去もまれだったし、今後もめったに現れないだろう。大相撲史に大きな足跡を残し、その精悍な雄姿をファンの記憶に深く刻み込んだ稀有の名横綱・千代の富士。その現役時代をつぶさに見ることができた幸運に、私は深く感謝したい。今はただ、「合掌」。


posted by デュークNave at 04:40| Comment(0) | スポーツ-相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

巡り合わせか、ジャスト10年ぶり日本人力士に賜杯 〜 大関琴奨菊、失礼ながら「サプライズ初優勝」 〜

この突然の大ブレイクはなぜ起こったのか。それは本人にしかわからないことかもしれない。大関昇進以来25場所、ほとんど優勝争いに加わることもなく、クンロク(9勝6敗)どころかハチナナ(8勝7敗)で勝ち越しが精一杯ということも多く、カド番も5度を数えていた東張出大関・琴奨菊が、この初場所で快進撃。初日から12連勝、3横綱を次々になぎ倒し、14勝1敗で念願の初優勝を遂げた。これは2006年初場所の大関栃東以来、実に10年ぶりの日本人力士による優勝だった。


【 優勝はほとんど期待されていなかった琴奨菊 】

場所前の下馬評では、優勝候補の本命は横綱白鵬、対抗が先場所優勝の横綱日馬富士、次いで横綱鶴竜であり、待望久しい日本人力士の優勝を叶える一番手は、やはり大関稀勢の里と目されていた。琴奨菊は先の九州場所では終盤の故障で途中休場しており、そのケガの心配やそれまでの振るわない成績から、優勝候補に挙げる声は聞こえていなかった。

本人は場所前の目標を「優勝」と掲げていたが、TV解説の北の富士勝昭さんは「まあそのぐらいの気持ちでいてくれないとねえ」と言うだけで、その実現にはまったく期待していない口ぶりだった。序盤戦、得意の押しとがぶり寄りが冴えて連勝を続けても、周囲の懐疑的な見方は続いていた。


【 中日勝ち越しで空気が変わる:横綱戦3連勝で一気に主役に 】

こういう周囲の風向きが変わったのは、8日目に稀勢の里との大関対決を制し、中日で給金を直したあたりからだった。「この快進撃は本物かもしれない」と琴奨菊を包む空気が変わり、その一番一番に大きな注目が集まるようになった。そしてその1つ目のピークが、10日目からの横綱3連戦。鶴竜、白鵬、日馬富士と相次いで破り、12連勝で優勝争いの単独トップに躍り出た。特に11日目、ともに10連勝でトップに並んでいた、過去の対戦成績では4勝46敗と圧倒されていた白鵬を倒したのが大きかった。ここから俄然、「10年ぶりの日本人力士の優勝」が現実味を帯びてきたのだ。

ところが13日目、少年時代からのライバルであり、ここまで10勝2敗の好成績だった平幕の豊ノ島に苦杯を喫する。終盤戦での痛い敗戦、しかも横綱に3連勝したあとに平幕に敗れるといういやな展開だった。しかし翌14日目、関脇栃煌山を目の覚めるようなスピード相撲で圧倒し、その暗い影を拭い去った(本人は取組後「昨日の負けにしっかりと向き合ったのがよかった」と語った)。しかも結びの一番で白鵬が中途半端な相撲で稀勢の里に完敗し、千秋楽の豪栄道戦に勝てば初優勝という、願ってもない展開になったのだ。


【 単独トップで迎えた千秋楽。そして歓喜の時 】

そして迎えた千秋楽。琴奨菊の表情にはさすがにやや緊張の色が見えるが、付け人とのルーティンは変わらない。落ち着いて土俵下の溜まりに座り、じっと出番を待つ。千秋楽恒例の「これより三役」の四股を踏み、その一番手として土俵に上がる。じっと相手を見据えての仕切りを繰り返し、最後の仕切りで、これも恒例の、体と両腕を大きく後ろに反らすあのポーズ(私はこれを「琴奨菊版イナバウアーだな」と思ったが、すでにメディアでは「琴バウアー」と呼んでいたようだ)。豪快に塩をまき、じっくり腰を落とす。相手の豪栄道は4勝10敗と大きく負け越しており、ひょっとしたら変化などの奇襲を仕掛けてくるかとも思った(解説の北の富士さんや舞の海秀平さんもそれを指摘していた)。

しかし豪栄道は、大関らしく真っ向から当たってきた。それを受け止め、一気に土俵際に押し込む琴奨菊。そして豪栄道が弓なりにこらえるところを、左に体をひねっての鋭い突き落とし。豪栄道は土俵に転がった。実に10年ぶりの、日本人力士による幕内最高優勝が決まった瞬間だった。


【 「琴桜の大ブレイク」の再現なるか 】

私は今場所の琴奨菊の大ブレイクを見て、先代の琴ケ嶽親方である故・元横綱琴桜を思い出した。琴桜も大関昇進後、2度の優勝はあるものの横綱取りには縁が遠く、クンロクが多い大関であり、カド番も5度味わっていた。ところが1972年(昭和47年)九州場所で突然の快進撃、14勝1敗で3度目の優勝を飾る。そしてその勢いそのままに、翌1973年の初場所でも14勝1敗で連続優勝、一気に横綱昇進を決めたのである。この2場所での琴桜の突進はすさまじく、「猛牛」の異名を取った。今思えば、この2場所の琴桜はいわゆる「ZONE」に入っていたのかもしれない。

今場所の琴奨菊の怒涛の押しとがぶり寄りは、この時の琴桜を彷彿とさせる。同じ琴ケ嶽部屋の、同じ「琴」のついたしこ名を持つ、同じくそれまで不振をかこっていた大関の、突然の大躍進(成績も同じ14勝1敗)。しかも年齢も同じ32歳だ(琴奨菊も来場所は32歳になる)。このパターンが繰り返されるなら、来る春場所でも琴奨菊の快進撃が続いて連続優勝、そして横綱昇進、ということになる。

果たしてこの「相撲の歴史」は繰り返されるのか。来場所に大注目だ。


posted by デュークNave at 05:31| Comment(0) | スポーツ-相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

「モンスター」逸ノ城よ、姑息な手は使わず、胸を張って相撲の王道を行け!

大相撲秋場所は千秋楽の結びで白鵬が鶴竜との横綱対決を制し、14勝1敗で31回目の優勝を決めた。これは千代の富士に並ぶ歴代2位タイで、来場所はいよいよ、本人が尊敬してやまない大鵬の最多優勝記録・32回に挑むことになる。これは大注目だ。


今場所大旋風を巻き起こした新入幕の逸ノ城は、くせ者安美錦を力強い取り口で破り13勝2敗。100年ぶりの「新入幕初優勝」は逃したものの、殊勲賞と敢闘賞をダブル受賞。すっかり定着した呼び名「モンスター」の通りのスケールの大きい相撲は、来場所以降にも大きな期待を抱かせる。特に上位陣にとっては脅威だろう。


逸ノ城が安美錦を破って2敗を守った時、多くのファンは結びで白鵬が鶴竜に敗れて優勝決定戦になり、逸ノ城が100年ぶりの新入幕初優勝を飾ることを期待していただろう。しかし、私はそうではなかった。前日の白鵬−逸ノ城の1敗対決でも、「一気に新入幕初優勝は事がうまく行きすぎで、逸ノ城本人にとってよくない。ここは白鵬が勝って横綱の貫録を示した方がいい」と思っていた。そして結果は、まさに白鵬の「貫録勝ち」。本人が語った通りの「大きな壁」となって立ちはだかった。

それと私が気に入らなかったのは、それまで2大関(稀勢の里・豪栄道)・1横綱(鶴竜)を倒していたが、稀勢の里と鶴竜を破った2番はともに立ち合いで変化しての注文相撲だったことだ。それで負けてしまう上位陣も情けないともいえるが、これからの角界を担う期待の新進力士が、「目先の結果にこだわって姑息な手を使った」と私の目には映ったのだ。初土俵から5場所目での金星は史上最短記録だったが、それがこんな内容の相撲で達成されては色あせてしまう。伸び盛りの若者らしく、そして「モンスター」らしく、その大きな体を生かした正々堂々たる相撲を取ってほしかった。

来場所は番付も大きくジャンプアップし、上位陣と総当たりになるだろう。逸ノ城よ、あなたの将来のためにも、どんな強い相手でも真正面から当たり、勝つにも負けるにも堂々たる相撲を取ってほしい。姑息な手を使わなくても勝てる素質、とてつもなくスケールの大きな素質を、あなたは持っているんだから。

posted by デュークNave at 05:35| Comment(0) | スポーツ-相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

日馬富士、第70代横綱へ 〜低迷していた小兵大関の大変身〜

大相撲秋場所千秋楽、全勝の大関・日馬富士と1敗の横綱・白鵬との決戦は、日馬富士が執念の下手投げで白鵬を破り、4度目の優勝を遂げた。これで2場所連続優勝、しかもともに全勝というこれ以上ない成績を収めた日馬富士は、24日の横綱審議委員会で満場一致で横綱に推挙され、26日の理事会と番付編成会議で正式に第70代横綱に昇進することになった。

それにしても結びの白鵬−日馬富士戦は、気迫と気迫のぶつかり合ったものすごい一番だった(表彰式の内閣総理大臣杯授与の時に野田首相が、「本当に久しぶりに、死力を尽くした、鳥肌が立つような相撲を見ることができました」とコメントしたが、まさにその通り。この人もたまにはいいことを言うもんだ 笑)。

立ち合いは互角だったが、白鵬がすばやく右下手を取り、右四つに組み止める。これは白鵬の形だったが、日馬富士がすかさず左を巻き替えて左四つになる。この機敏さが、先場所から今場所に続く日馬富士の大きな武器だ。白鵬は右から上手投げを放つが、一枚マワシのため力がない。日馬富士は低く潜り込み、白鵬のあごに頭をつける。

ここで両者の動きが止まった。この状態では、潜り込んでいる日馬富士の方が体力的に苦しい。長引かせられない日馬富士は左下手を深く差し、下手投げを打つ。ほぼ右半身になった白鵬は左下手を抜き、日馬富士の右を抱える。もろ差しになった日馬富士だが、攻めを急がず、慎重に仕掛け時をうかがう。

そして日馬富士は左から下手投げを打ちながら、右から起こして西土俵に寄り立てる。弓なりになって懸命にこらえる白鵬。ここで日馬富士は、今度は右からの下手投げ。白鵬の体が大きく泳ぐが、これもこらえる。東の土俵際まで寄り立てた日馬富士は、右から再度の下手投げを放つ。白鵬は右足一本でこらえるが、日馬富士は体をひねりながら執拗に投げを打ち続ける。ついに白鵬の体が1回転し、右肩から土俵に落ちた。日馬富士の2場所連続全勝優勝、そして横綱昇進決定の瞬間だった。


相撲史を紐解くと、2場所連続の全勝優勝で横綱に昇進した大関というと、1937年の双葉山と1994年の貴乃花しかいない。双葉山は、昇進を決めた時は伝説の69連勝の途上だった(この時点で40連勝、このあとさらに横綱で2場所連続の全勝優勝を遂げた)。また貴乃花は、連続全勝優勝の最後を飾った横綱・曙との死闘は、「平成の名勝負」として今も語り草になっている。そして今場所の日馬富士と白鵬との激闘も、貴乃花−曙戦に勝るとも劣らない名勝負だった。

しかし日馬富士が横綱になるとは、正直全く予想していなかった。個人的には、大関陣の6人のうち一番可能性が低いと思っていたのだ。生来の小兵ゆえ、技巧はあっても体力とパワーに劣るため、そこそこは勝っても優勝戦線に絡むことは少なかった。実際、これまで2度優勝を果たしているが、次の「綱取り場所」は序盤から崩れて早々に脱落している。この成績の不安定さでは、2場所連続優勝が求められる横綱昇進など到底無理と思っていたのだ。

だから先場所(名古屋場所)に全勝優勝を果たしたのを見ても、私は「2度あることは3度ある」なんじゃないかとかなり懐疑的な目で見ていた。ところが今回は、先場所同様のスピードを生かした切れ味鋭い相撲が序盤から続き、これまでとは全く違った展開になった。低く速い立ち合い、激しい突き押し、そして腰を落とした厳しい寄り。まさに「勝ち相撲鬼のごとし」といった感じの、気迫あふれる速攻相撲が続いた。そんな中で、中日の新関脇・妙義龍戦と11日目の隠岐の海戦ではともにもろ差しを許したが、妙義龍は首投げ、隠岐の海は頭を押さえつけての上手投げで仕留めた。ともにピンチを一瞬の反応のよさで凌いだ白星であり、コンディションのよさと精神の充実ぶりが表れた2番だった。

こうして連勝街道を驀進していった日馬富士に対し、琴奨菊・把瑠都・琴欧洲の3大関は序盤で休場、前半戦は好調だった稀勢の里・鶴竜の両大関も後半戦で星を落とした。最大の壁・横綱白鵬も10日目に土がつき、ここから日馬富士が優勝争いのトップに立った。しかし日馬富士は決して緩むことなくさらに白星を重ね、終盤の大関戦も厳しい相撲で乗り切り、そして千秋楽、白鵬との魂がぶつかり合うような大熱戦を制した。

小兵ながら、スピードあふれる速攻相撲で相手を圧倒する。この取り口は「ウルフ」千代の富士を彷彿とさせる。また鋭い眼光と気迫で相手を威圧するその雰囲気は、モンゴルの先輩横綱・朝青龍を思い起こさせる。ともに相撲史に残る大横綱である。新横綱・日馬富士はどんな横綱になるのか。その切れ味鋭い取り口と、「全身全霊」をモットーとする気迫で、相撲史に名を刻む名横綱になってもらいたいものである。

posted by デュークNave at 06:49| Comment(0) | スポーツ-相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする