2017年03月27日

3月26日は「ミラクル記念日」 in Sports 〜大相撲、そしてセンバツ〜

こんな結末をいったい誰が予想できただろうか。「勝ってくれ」とはもちろん誰もが思っていただろうが、逆転優勝するには、手負いの体で今場所絶好調の相手を2番連続で倒さねばならなかったのだ。


【 連勝ストップ、そしてケガ:休場必至と思われたが 】

大相撲春場所、新横綱・稀勢の里は12日目まではほぼ盤石の取り口で全勝を続けていたが、13日目に先輩横綱・日馬富士の鋭い押しに圧倒され、土俵下に落ちた。しかもその際に左肩と胸を強打し、救急車で搬送された。休場は濃厚かと思われたが、稀勢の里は強行出場を決める。しかし14日目の横綱鶴竜戦は、立ち合い全く力が入らずにもろ差しを許し、あっけなく土俵を割る。一方1敗で追っていた大関照ノ富士が13勝目を挙げ、優勝争いの単独トップに立った。稀勢の里が逆転優勝するには、千秋楽の本割での直接対決と優勝決定戦とで照ノ富士に連勝しなければならなくなったのだ。しかし14日目の取り口を見ると、「連勝どころか、本割でもまともに相撲が取れないのではないか。照ノ富士があっさり勝って優勝を決めるだろう」と誰もが思っていたに違いない。


【 どうしてこんなことができるのか:2度起きた奇跡 】

そして結び前の本割。向こう正面解説の舞の海秀平さんが「稀勢の里が勝つには、やや右に変わり気味に立って右上手を取り、右から投げを打って決めるしかない」と語った。確かに左がほとんど使えない以上、右からの攻めに活路を見出すしかなさそうだった。しかし立ち合いでその通りに右に変わり気味に立ったが待ったがかかり、手口を見られてしまった。さてどうするのか。仕切り直しの立ち合い、今度は左に変わって差し手争い。昨日よりは左腕が使えているようだが、照ノ富士に右前みつを許す苦しい体勢になる。ここで照ノ富士が寄って出るが、稀勢の里は左下手を抜き、体を開きながら左で頭を押さえ、右からの突き落とし。これが見事に決まり、照ノ富士は土俵に這った。

奇跡が起こった。ほとんどまともな相撲にならないと思われたのが、苦しいながらもどうにか組み止め、足の動きと体のバランスで照ノ富士のパワーをかわした。どうしてこんなことができるのか。とにかく、これで優勝決定戦である。


その決定戦。今度はどう取るのか。立ち合い、稀勢の里はもろ手突きに出たが、照ノ富士に入りこまれてもろ差しを許す。一気に出る照ノ富士。しかし稀勢の里はまたも体を開きながら、右からの小手投げ。照ノ富士の体がわずかに先に土俵に落ちた。

(この瞬間、支度部屋で観ていた弟弟子の関脇高安(今場所12勝3敗の好成績)は、大粒の涙を流して号泣した。この2人の関係、かつての千代の富士と北勝海(現・八角理事長)に似ている)

またも奇跡が起こった。またも苦しい体勢からの逆転勝ち。そしてまたも、足の動きと体のバランスで照ノ富士のパワーをかわした。ほとんどあり得ないと思われた、本割と決定戦での連勝。それを目の当たりにして、私はまた思った。「どうしてこんなことができるのか」


【 ”ZONE”? 本人が感じた「何か見えない力」 】

この夜の番組で稀勢の里は「足は元気なので、足で何とかしようと思った」と語った。言葉通り、2番とも足の動きで手にした白星だった。しかしこの連続の奇跡は、それだけで説明できるものではない。本人が「何か見えない力を感じた」と語ったように、いわゆる“ZONE”に入っていたのか。あるいは稀勢の里の逆転優勝を願うファンの思いが、空気になって背中を押したのか。とにもかくにも大相撲春場所は、稀勢の里本人にとってもファンにとっても、想像をはるかに超えたドラマティックな形で幕を閉じた。


【 甲子園でもミラクル:2試合連続引き分け再試合 】

大阪で起きたこの超弩級のミラクル。しかしお隣の兵庫県・甲子園球場でも、史上初のミラクルが起きていた。第89回選抜高校野球第7日、2回戦。第2試合の福岡大大濠−滋賀学園戦と、第3試合の健大高崎−福井工大福井戦が、ともに延長15回・引き分け再試合になったのだ。1大会で2試合、しかも連続での引き分け再試合は、春夏通じて史上初である。

第2試合は緊迫した投手戦の末、1−1の引き分け。第3試合は、9回までは点の取り合いで7−7。しかし延長戦に入ってからは、互いにチャンスを作るがピッチャーの踏ん張りで得点を許さず、そのまま引き分けとなった。


この第3試合の延長戦は大相撲中継と同時進行で進んでいたため、私は両方の観戦で大忙しだった。稀勢の里−照ノ富士戦を見逃すわけにはいかないので、本割と優勝決定戦の時とその前後はNHKGに合わせ、それ以外はEテレにチャンネルを回して観ていた。おかげで本割の時だったか決定戦だったかは「記憶にない」が(最近の流行り言葉)、14回裏の健大高崎の1死満塁のサヨナラチャンスを観られなかったのが残念だった。「機動破壊」ファンの私としては、このチャンスで念力を込めて応援したかったのだが・・・。

(余談だが、私のこの「記憶にない」は何の罪もないが、安倍昭恵さん、石原慎太郎さん、稲田防衛大臣さん、あなた方の「記憶にない」はそれじゃ済みませんよ!)


この日関西の地で起こった2つの奇跡。3月26日は、スポーツの世界での「ミラクル記念日」として、我が記憶にとどめておこう。

posted by デュークNave at 03:37| Comment(0) | スポーツ-全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

「言わせろ!ナンバー」に我がコメントがトップ掲載!(ただの自慢)

スポーツ専門誌・Numberの最新号(917・918合併号)の読者投稿コーナー「言わせろ!ナンバー」に、私のコメントがトップ掲載された。しかもこれまで掲載された我がコメントの中でも最大のスペースを取っている。あまりうれしかったので、ここに掲載させていただく。(ごめんね〜、例によってただの自慢です)


お題:ハリルジャパンの2016年を採点する。(選択肢:優・良・可・不可)

採点:可「ホームのUAE戦を落とした時はとんでもないことになったと思ったし、イラク戦を後半ロスタイムで辛うじて勝つのを見て「これではアカン」と思っていた。流れが変わったのはアウェーの豪州戦で引き分けたところからで、サウジアラビア戦で「今パフォーマンスがいい選手」に大きく舵を切り、勝ち切ったのは評価できる。」


ちなみにこの元原稿はこれだ。


《スポーツは結果がすべて。だから評価も結果を見て決める。ホームのUAE戦を落とした時はとんでもないことになったと思ったし、これもホームのイラク戦を後半ロスタイムで辛うじて勝つのを見て「これではアカン」と思っていた。

流れが変わったのはアウェーの豪州戦で引き分けたところからで、サウジ戦でハリル監督が「今パフォーマンスがいい選手」に大きく舵を切り、勝ち切ったのは評価できる。ただ得失点差がモノを言いそうな今後の熾烈な戦いを考えると、1点取られたのはかなり痛かった。後半戦はアウェーでの中東勢との戦いが続くことを考えると、高い評価はできない。

これらの結果を総合して考えると、まあぎりぎり及第点かな、と思う。》



長いのでかなりカットされているが、それでも今までと比べると掲載スペースは格段に大きい。我ながらこのコメントはよくポイントが突けているなと自賛していたんだが、「いいね!」がゼロだったので、まさか本誌に掲載されるとは思わなかった。


ただ実は、3か月ほど前にも同じことがあったのだ。9月9日号「特別増刊号・リオ五輪総力特集」に掲載された「言わせろ!ナンバー」での「名横綱・千代の富士、思い出に残るライバルは?」のお題に投稿した私のコメントが、ここでもトップに掲載されたのだが、この時も「いいね!」はゼロだった。どうやら本誌に掲載されるかどうかは、「いいね!」の数の多さよりもコメントそのものの内容によるようだ。

ちなみにこの時の掲載コメントはこれだ。


北の湖:速攻相撲を身につけた千代の富士が番付を駆け上がっていたころ、立ちはだかったのが大横綱・北の湖だった。初優勝時の優勝決定戦も、横綱昇進を決めた一番も、ともに相手は北の湖。ふたりの「パワー対スピードの勝負」は、見どころ満載だった。》


思い入れたっぷりに書いたので、掲載されたのはうれしかった。(ごめんね、またまたただの自慢です〜)


今回もまたNumber編集部の策略に乗って本誌を買ってしまった(コメントが本誌に掲載される旨のメールが編集部から届くのだ)。でも今回は「有馬記念特集」。目次を見ただけで読みたくなったので、必ずしも策略に引っかかったわけじゃない。さて、有馬記念名勝負ヒストリーを堪能致すとするか。

posted by デュークNave at 07:15| Comment(0) | スポーツ-全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

「山上り」5区が来年から距離短縮へ 〜箱根駅伝、ようやく「正常化」〜

正月恒例の風物詩・通称「箱根駅伝」の区間距離が、来年から変更されることになった。数々のドラマを生んできた「山上り」かつ最長区間(23.2km)だった5区が、20.8kmに短縮されことになったのだ(その代わりに、最短区間だった4区(18.5km)が20.9kmに延長される)

この変更、私は諸手を挙げて賛成する。青山学院大が初の総合優勝を果たした昨年の箱根駅伝の往路の記事で、私は下記のような私見を述べていたのだ。


≪ただでさえ過酷な山上り、しかも2006年からは距離が20.9kmから23.4kmに延長され、10区間中の最長区間になった。今年は23.2kmに短縮されたが、最長であることは変わらない。「5区を制する者が箱根を制する」と言われるようになったゆえんであり、「元祖・山の神」順大・今井正人、「新・山の神」東洋大・柏原竜二の出現により、この傾向はさらに顕著になった。

・・・しかし、あまりにも5区の比重が重くなる現行の距離配分はどうかと思う。山上りへの適性の有無でタイムに大きく差が出る5区は、往路最終区間にしては逆転が多い(2009年の柏原の8人抜き・4分58秒差逆転は、他の区間だったらアクシデントがない限り考えられない)。観る側にとってはドラマチックだが、ランナーの負担は過酷であり、作戦を立てる監督も非常に苦慮するところだろう。個人的には、ランナーにとってあまりに過酷なこの「山上り&最長区間」は、元の20.9kmに戻すべきだと思う。


来年から、ほぼこの私見の通りに距離変更がなされることになったのだから、私としては何の異論もあろうはずがない。さらに付け加えるなら、4区が18.5kmから20.9kmに延長されるのもまた大賛成である。過酷な山上りの5区が23.2kmの最長区間で、かたや18.5kmという他と比べるとかなり短い区間があるのは、どう見てもバランスが悪いと思っていたからだ。この変更で、4.7kmもあった4区と5区の区間距離差が、来年からは逆に4区が0.1km長くなる。これにより、「山上り」という特殊な能力の有無だけではなく、10区間を通したチームの真の総合力が問われることになるわけだ。近年5区に偏重しがちだった箱根駅伝の見どころが、来年からはより多彩になるだろうから、出場する側にとっても観戦する側にとってもこれは歓迎すべきことだろう。

ようやく「正常化」した箱根駅伝。来年からのさらなる熱戦、幾多のドラマに期待しよう。


posted by デュークNave at 02:50| Comment(0) | スポーツ-全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

青学、余裕の一人旅連覇、大会39年ぶりの完全優勝/母校・中央は4年ぶりのシード復活ならず 〜第92回箱根駅伝・復路〜

【 6区(20.8km)】

青学の1年生・小野田がスタートから快調に飛ばし、往路と同じく後続との差を徐々に広げる。小野田はこの後も軽快に走りを進め、大きくリードを保ったままタスキをつなぐ(記録は区間タイ)。2位は東洋で4分14秒差、3位駒澤は7分33秒差。アクシデントが起こらない限り、この時点で青学の連覇は濃厚になった。一斉スタートの日体大・秋山が区間新の58分10秒をマーク、総合7位にジャンプアップした。

一斉スタートの中央は谷本が8番目にタスキをつないだが(総合15位)、シード圏内の10位とは5分近い大差。シード復活はかなり厳しくなった。


【 7区(21.3km)】

青学・小椋は前大会の区間賞、昨年のユニバーシアードハーフマラソンの金メダリスト。その実力に大きなリードの余裕を加え、マイペースで快走。区間賞を獲得し、2位・東洋との差を4分52秒に広げる。3位駒澤は8分47秒差。

中央は藤井が好走して6番目でタスキをつなぐ(総合12位)。シード権内の10位とは4分8秒差。1分近く縮めたが、まだまだ苦しい。


【 8区(21.4km)】

青学・下田は湘南の潮風を受けてゆとりの走り。2位東洋との差を7分3秒にまで広げる。3位は依然として駒澤(昨年山登りの5区でブレーキだった馬場は、区間2位の好走でリベンジを果たした)優勝候補の3校がトップ3を占めるのはほぼ確定だ。

中央は1年生苗村が力走したが、総合12位と順位は変わらず。シード圏内とは4分31秒差、なかなか縮めることができない。


【 9区(23.1km)】

青学・中村は途中までは区間1位の快走を見せたが、最終盤で疲れが出たのかペースが落ちた。しかし大幅リードの状況では大勢に影響はなく、余裕のリードを保ったまま最終10区へタスキをつなぐ。2位東洋(6分38秒差)、3位駒澤(8分13秒差)は変わらず。

中央は終盤で苦しい走りになり、総合15位に順位を落とし、28年ぶりの無念の繰り上げスタートとなった。9区での繰り上げスタートは中央を含め8校。これは史上2番目の多さであり、青学の圧倒的な強さの裏返しだ。


【 10区(23.0km)】

青学・渡邉は余裕の一人旅、栄光の2連覇のゴールに向かってひた走る。結局最後まで後続に影も踏ませず、独走で優勝テープを切った。箱根連覇、しかも1区からトップを一度も譲らない完全優勝。これは大会史上39年ぶりの快挙だった。2位は東洋(7分11秒差)、3位は駒澤(10分35秒差)。以下4位早稲田、5位東海、6位順天堂、7位日体、8位山梨学院、9位中央学院、10位帝京。以上10校がシード権を獲得した。


母校・中央は総合15位に終わった。復路の6・7区ではタイムを縮めたが、その後は伸び悩み、往路での出遅れを取り戻せなかった。これで4年連続のシード落ち。年々レベルが上がっている箱根駅伝で、名門といえども復活は容易ではないということだ。来年の奮起に期待したい。


毎年箱根駅伝の記事にはそれなりに「アツさ」を込めるのだが、今年は優勝候補最右翼の青学がまったく危なげなく優勝し、しかも母校中央がほとんど見どころなくシード落ちしてしまったので、書く方もどうにも力が入らず、えらく淡白な記事になってしまった。でもこれが正直な心境だからしょうがない。今年のようなパターンでは、無理して細かく書いても苦痛なだけだからな。失礼しました!

posted by デュークNave at 03:32| Comment(0) | スポーツ-全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

青学、連覇へ往路完全優勝/我が中央は苦しいスタート 〜第92回箱根駅伝・往路〜

今年の箱根駅伝は申し訳ないが(誰に謝ってるんだかわからんが 苦笑)、きわめて独断と偏見で書かせてもらう。今回の私の最大の関心事は、青学の連覇なるかでも、東洋・駒澤の王座奪還なるかでもなく、「総合優勝14回・87年連続90回目の出場という随一の実績を誇る、母校・中央大学の4年ぶりのシード復活なるか」なのだ。だからすべての区間で、中央がどんなレースをするかにもっとも注目していた。


【 1区(21.3km)】

スタートから中央学院・潰滝が集団をリードし、中央・町澤がその横を並走。東洋・上村、明治・横手、青学・久保田ら有力選手も集団の前方を走る。区間記録を上回るハイペースである。7.5km地点で町澤が軽くスパートするが、まもなく集団に吸収される。一方優勝候補の一角、駒澤の其田が早くも遅れ始める。

15km過ぎ、六郷橋の登りで関東学生連合(創価大)・山口が仕掛け、ずっと集団をリードしてきた潰滝が後退する。16km地点で今度は青学・久保田が仕掛け、これに明治・横手がついていく。これを中央・町澤、早稲田・中村らが縦長になって追走する。

久保田と横手がトップを争い、後続を引き離す。しかし18km過ぎ、久保田が横手を突き放し、独走態勢を築く。3番手は中央・町澤と拓殖・金森が争う。久保田はそのままトップで2区・一色へつなぐ。歴代3位の好タイムだった。2位は21秒差で明治、3位と4位は同タイムで中央と拓殖。東洋は7位、駒澤は13位と出遅れた。

中央は青学と38秒差の3位。町澤の積極的な走りで、かなりいいスタートを切った。


【 2区(23.1km)】

青学・一色がトップを快走、明治・木村が懸命に追走する。後方では、山梨学院・ニャイロがスタートからぐんぐん飛ばし、3km手前で3位集団を一気に抜き去る。その後、この集団から東洋・服部勇馬が抜け出して単独4位に。中央は5位争いを演じる。

6km過ぎ、ニャイロが木村を抜いて2位に浮上。さらに7.6km地点で服部(勇)も木村を捕える。後方の5位集団では、中央・早稲田ら7人に加え、8km過ぎで1区で出遅れた駒澤と順天堂が追いつき、9人の集団となる。

トップの青学・一色は好走を続けているが、山梨学院・ニャイロはそれを上回るペースで追い上げる。13km過ぎ、そのニャイロに服部(勇)が追いつき、2人の並走が続く。一色とは約20秒差。4位は明治、後方の5位集団では中央と早稲田が遅れ始め、8人になる。16km地点、駒澤・工藤が集団から抜け出し、単独5位に。

一度ニャイロに引き離された服部(勇)が追いつき、20km手前で初めて前に出る。トップはそのまま青学、2位は23秒差で東洋、さらに3位は58秒差で山梨学院。4位明治、熾烈な5位争いから抜け出した5位に帝京、さらに優勝候補・駒澤もトップから2分20秒差の6位まで追い上げた。

中央は大きく順位を落として13位(3分46秒差)。予選会で日本人選手トップだったエース徳永でこの遅れは痛い。


【 3区(21.4km)】

トップ3校は順位は変わらないが、青学が東洋を少しずつ引き離していく。7km手前で駒澤・中谷が明治を捕らえて4位に浮上する。さらに中谷は12km手前で3位山梨学院・上田に追いつき、しばらく並走する。その後山梨学院を突き放した中谷だったが、18km過ぎで腹痛を起こしてペースダウン、山梨学院の逆転を許す。

トップの青学・秋山は快走を続け、区間賞を獲って4区につなぐ。2位は東洋(1分35秒差)、3位は山梨学院(2分46秒差)、4位は最後粘って差を詰めた駒澤(2分48秒差)となった。

中央は15位(7分20秒差)。さらに順位を下げた。


【 4区(18.5km)】

各ランナーの間隔が空き、レースが落ち着いてきた。上位で競っているのは3位を並走する駒澤と山梨学院のみ。トップの青学・田村はマイペースで飛ばし、ここでも後続をじわじわと引き離していく。結局田村は2位との差を2分28秒まで広げ、「新・山の神」神野にタスキをつなぐ。2位は東洋、3位は駒澤との競り合いを制した山梨学院(3分34秒差)、4位駒澤(3分59秒差)。5位以下は6分以上開いているので、実力的にもタイム差的にも、総合優勝は早くもこの4校に絞られたといっていい。

中央はさらに順位を下げて16位(差は10分超)。観ているのがつらくなってきた。


【 5区(23.2km)】

今季は2度の疲労骨折に苦しんだ神野。完調とは言えないと聞いていたが、去年ほどではないものの、及第点の走りでリードを守り、2年連続の往路優勝、しかも23年ぶり、青学としては初の完全優勝を果たした。2位は東洋(3分4秒差)、3位は駒澤(5分20秒差)。以下4位山梨学院、5位早稲田、6位日大(キトニーは8人抜きで、留学生初の5区区間賞)、7位順天堂、8位東海、9位帝京、10位拓殖となった。青学があまりの独走になったため、上位争いは見どころの少ない、ちょっと盛り上がりに欠ける展開になってしまった。


青学の往路完全優勝は、1区久保田の快走、終盤での積極的な仕掛けでトップを取ったのが大きかった。駅伝は流れが非常に大事な競技であり、リードをすれば次の走者はゆとりを持って入り、徐々にペースを上げるという、本来の実力を発揮しやすい走りができる。青学の2区以降の4人は、このいい流れに乗って気持ちよく余裕ある走りができたのだろう。結局区をつなぐごとに2位以下との差を広げていった。今日の復路も、去年同様青学の圧勝に終わる公算が高い。


母校・中央は結局16位。2区でのブレーキが最後まで響いた結果になった。シード圏内の10位拓殖とは3分26秒差。逆転不可能な差ではないが、かなり苦しい展開になってしまった。上の記事を見ての通り、母校の順位が下がるにつれ、気分がしぼんで記事も短くなってしまった。明日はまた青学が独走しそうだし、もっと短くなってしまうかな。


P.S. ラグビー大学選手権・準決勝。東海VS明治は東海の逆転勝ち。後半の3トライは鮮やかだった。帝京VS大東文化は帝京の順当勝ち。10トライは圧巻だったが、7連覇を目指す「1強」帝京から5トライ・4ゴールを奪った大東文化も「あっぱれ」だった。

我が中央は、この大学選手権の予選プールで帝京に100点ゲームの完封負けを喫している。私はこの試合を秩父宮に観に行ったのだが(去年の12月27日)、もともと気温が低くてかなり肌寒かったのに加え、帝京に怒涛の連続トライを浴びて心も寒くなってしまい、前半終了時点で帰ってきてしまった。リーグ戦では中央は大東文化を破っており、その大東文化がこれだけの善戦をしたんだから、中央ももう少し何とかならなかったか。我が母校にダブルで悔しい思いをさせられた日だった。


posted by デュークNave at 03:27| Comment(0) | スポーツ-全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする