2012年12月17日

いくら何でも自民に勝たせすぎだ 〜衆議院議員総選挙の結果を受けて〜

事前の世論調査などを見て、個人的には「民主党がどれだけボロ負けして、自民党がどれだけ勝って『しまう』のか」と注目していた衆議院議員総選挙の結果が出そろった。

民主 57  自民 294  未来 9  公明 31  維新 54  共産 8
みんな 18 社民 2   大地 1   国民 1  無所属 5


民主は公示前の約4分の1に激減、3年前の自民党(3分の1)以上の大敗北を喫した。かたや自民は単独過半数(241議席)を大きく上回り、連立を組む公明党と合わせて325議席を確保した。「第三極」勢力では、日本維新の会が躍進して第3党に、日本未来の党は議席を大きく減らした。

・・・しかしこの結果、大きく首をかしげざるを得ない。民主が惨敗したのはわかるが(その象徴が菅直人元首相。小選挙区で落選して比例で復活当選するという体たらくだった)、どうして自民がこんなに大勝ちするのか。民主が政権を得てからの3年3か月は、民主のエラーは多かったが、それに対して、自民が信頼に足る何かをしたわけではない(少なくとも私個人はそういう印象がない)。3年前の総選挙では「もう自民には政権を取らせたくない」という怒りのマグマがそのまま民主への支持に注がれたわけだが、それをそのまま、いやそれ以上に元に揺り戻すほどのことを自民がやってきたという印象は、全く持てないのだ。

私は個人的には、「民主はボロ負けするだろうが、自民もそんなに勝っては困る。あまり勝つと、かつての『数の論理』での力まかせの悪政がまた復活するだろうから。日本維新の会のような第三極勢力が大きく議席を伸ばし、政権与党を強く牽制するという図式が一番いいな」と思っていた。しかしこの選挙結果では、「かつての『数の論理』での力まかせの悪政がまた復活する」危険性が大だ。どうしてこんなことになったのか。

思うに、これは日本人の政治への関心が相変わらず低いことの表れだ。「民主はダメだ。じゃあまた自民にやらせよう。自民なら政権慣れしてるから、民主みたいな混乱は起こらないだろう。」多くの人がこう単純に考えたのではないか。自民の悪政を永年見てきた私には、到底自民を支持する気にはなれないのだが・・・。

ああ、これでますます政治への期待は低くなってしまった。政治は無視はしないが横目で眺めるだけにして、自分の生活を守り、ステップアップさせることに集中しよう。どっかの党の名じゃないが「自分の生活が第一!」だ!

posted by デュークNave at 06:29| Comment(0) | 政治・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

国民の命か、「原発村」の利益か、それが問題だ

「再生可能エネルギーの柱と期待される大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設用地として、景気低迷の影響などで“塩漬け”になってきた全国の工業団地を活用する動きが広まっている。」

(2012.8.27 毎日新聞・朝刊)

去年の「3.11」の大惨事以来、国民の間に巻き起こった「原発ゼロ」への強い要求はとどまるところを知らない。毎週金曜夜の「首相官邸前デモ」をはじめとする「原発廃止要求デモ」は全国規模に広がり、その規模を増す一方だ。これまでサイレント・マジョリティー(物言わぬ大衆)だった日本国民が、これほどはっきりと意見を述べ、行動を起こすことは、これまでなかなか見られなかったことだ。

日本国民をここまで駆り立てたもの:それは言うまでもなく、福島第一原発の事故に対する政府や「原発村」の不適切な対応、安全神話を作り上げてきたギョーカイの「内向き&無責任体質」が次々とあからさまになったことだ。「住民の命に直接影響するこんな危険なものを、これ以上使うことは許さん」と全国から怒りの声が上がったのは当然だった。

しかも呆れたことに、福島第一原発の事故原因がまだ明確になっておらず(東電が報告書をまとめたが、「責任回避の文章が横溢している」とメディアの集中砲火を浴びた)、国民の「原発NO」の声がますます高まっている空気の中で、野田政権は大飯原発の再稼働を決定してしまった。

福島第一原発の事故発生以降の政府の処置は、突き詰めれば「国民の命と原発村の利益、どっちを選ぶんだ?」という問いへの答えなのだが、この大飯原発の再稼働決定は「原発村の利益を選んだ」ことになる。政治家という「人種」は、時に正気の沙汰とは思えないことを平気でやってくれるが、この決定はその典型だ。こんなバカげたことをやらかした民主党が来る衆議院解散・総選挙で大敗するのは目に見えているが、されど自民党や公明党などの既成政党もやることはほとんど同じだろうから、国民には投票の受け皿がない。みんなの党や大阪維新の会が台風の目になるのか? いずれにせよこの総選挙で、日本国民のこれまでにないはっきりした意思が示され、日本の政治に地殻変動が起こるのか、楽しみに待ちたい。

ところで、国民の間でも「原発必要論」は根強く残っているようだ。彼らの言い分の主なところは「原発なしでは日本の電力はまかなえない」ということだが、これがウソであることは、このブログの2011.4.15日付の記事「原発がなくても日本の電力は十分まかなえる」で述べた通りだ。実際、今この猛暑の時でも電力はまかなえているし(大飯原発なしでもまかなえていた)、多少電気代が上がっても、安全性の確保のためならば国民は我慢するだろう(もちろん、電力会社は料金への上乗せを最小限に抑えることを求められる。これへの国民の目は非常に厳しい!)。

それともっとも将来的に進むべき方向が、代替エネルギー(再生可能エネルギー)の開発だ。冒頭に引用した記事の太陽光発電はその中でももっとも期待の大きいものだが、原発村と癒着して腰が重い中央政府を尻目に、民間企業と地方自治体が協力して、工業団地予定地にメガソーラーを建設するという動きは興味深い。

国民が目覚め、地方が動き、もともと活力がある民間企業と手を携える。眠ったままなのは永田町と霞が関の住民だけだ。彼らはいつその惰眠から目覚めるのだろうか。

posted by デュークNave at 06:29| Comment(0) | 政治・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

心中覚悟で、「小沢首相」でいくしかない!

野党のみならず民主党内からも批判にさらされている菅首相が、(1)赤字国債を発行するための特例公債法案(2)平成23年度第2次補正予算案(3)再生エネルギー特別措置法案−の3案が成立すれば退陣する意向を示しました。

この意思表示がなくても、退陣の意向はすでに本人が表明しており、あとは時期とその条件だったわけですが、こうして条件がはっきりと示されたことで、民主党の「反・菅政権派」や野党がどう出るかが注目されます。

ただ私的には、「こんなこと全然『注目』に値しない」と思っています。日本の政治は、今までもそうでしたが、首相が変わったところで何も事態は好転しない、いやそれどころか今の状況では、政局の混乱はますますひどくなるばかりだろうと思うからです。

だいたい、東日本大震災の傷跡がまだ生々しく、いまだに多くの被災者の方々が苦しんでいるこの状況で、よくもこんな内輪もめを起こしていられるな、とあきれ返ります。今回の大震災は、被災地の復興だけではなく、日本経済そのものの建て直しにも膨大な時間とコストがかかることが予想されます。これはまさに国家的危機であり、これは党利党略を超えて全国家的に取り組まねばならない長期プロジェクトなのです。

こういう状況にありながら、自民党などの野党は相変わらず批判を繰り返して国会運営を空転させるばかりですし、あまっさえ政権与党の民主党内でも、鳩山・小沢両氏を中心として「反・菅政権派」が拡大しているようです。しかもその批判の理由が「大震災に対する対応の遅れ」など、今回の震災を政争の道具に使うという無神経さ。これには被災者の方々のみならず、国民全体が怒り、あきれ返っています。

まあ今さらこの点を追及してもどうしようもありませんから、もうやめておきましょう。問題は「ポスト・菅」に誰がなるかです。しかし鳩山・菅という、党代表などの要職を経験してきた、知名度も実績も党内の求心力もそれなりにある2人でもこの短命ですから、他は推して知るべしです。

私の結論:「もうこうなったら、清濁併せ呑んで、小沢一郎しかない!」

以前このブログでも書きましたが、民主党政権の安定運営を図るにはこの人しかいません。小沢氏は党内の求心力は自他ともに認めるNo.1ですし、野党第一党の自民党では、かつて幹事長として絶大な権力と影響力を誇っていました。小沢首相が誕生すれば、民主党内もひとまずは収まりますし、自民党などの野党へも「昔取った杵柄」で影響力を駆使できるでしょう。

もっとも小沢氏が首相になると、野党は例によって「カネ問題」で騒ぎ立てるでしょうが、今はそんなことをやっている状況ではありません。細かいことには目をつぶって、もっとも求心力・影響力のある人物をトップに据え、国を挙げてこの危機に取り組まねばならないのです。

(でも今のこの状況でも「コップの中騒ぎ」をやってるんですから、もし本当に小沢首相が誕生したら、野党はやっぱりカネ問題でゴチャゴチャ騒ぐでしょうね。国会議員が「国や国民よりも自分たちの権益が第一」であることを、ますます露呈することになるでしょう。はあ・・・!)

ただ私見ですが、民主党内には「小沢さんは最後の切り札」という思いがあるのではないかと思います。つまり「小沢さんでダメだったら、党内にこれ以上の人材はいない。民主党政権は終わりだ」ということです。

でも、ここで小沢氏以外の人間を持ってきてもよけい混乱は増すばかりでしょうから、かえって民主党政権を短命化させることになりかねません。こういう意味でも、もう民主党はハラをくくって、小沢氏に「最後の望み」を託すべきです。

それに、これも以前ブログに書きましたが、これまで小沢氏はいわば「陰の実力者」的に影響力を及ぼすばかりで、表に出てくることがありませんでした。私は、良くも悪くも今の日本政界でNo.1の実力者であるこの人に、一度表に出してやらせてみたいのです。そしてそれは、民主党政権が続いている今しかないのです。小沢氏の政治生命も、いつか尽きる時がやってきます。まだ力を使える状況にあるうちに、その「豪腕」を振るって見せてほしい。今の政局の閉塞状況を打開するには、もうこれしかないでしょう。

もしここで小沢氏以外の人物を担ぎ出してくるようなら・・・、もう民主党政権は終わりです。私は完全に民主党を、そして日本の政治を見限ります。

posted by デュークNave at 05:52| Comment(0) | 政治・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

「原発がなくても日本の電力は十分まかなえる」 〜 京大原子炉実験所・小出裕章助教授の非公式見解〜

先日、福島第一原発事故の危険レベルが最高の「7」になったとの発表がありました。レベル的にはチェルノブイリと同じレベルになってしまったわけです。現段階までで放出された放射性物質の総量はチェルノブイリの10分の1ですが、それでもすさまじい量です。しかもまだ事故は収束しておらず、さらに事態が悪化する危険性も十分にはらんでいます。

こんな中、ネット上に京大原子炉実験所・小出裕章助教授へのインタビュー動画が公開されました。このインタビューの中で小出氏は、福島の事故がどういう状況にあり、今後どうなっていくのか、それに対して取るべき措置などについて、専門的に、かつ我々一般市民にも理解できるような、簡潔でわかりやすい表現で言及してくれています。1時間21分余と時間は長いですが、非常に聞き応えのあるお話ですので、ぜひご覧下さい。

http://www.ustream.tv/recorded/13897618

このインタビューでの小出氏のコメントで一番インパクトがあり、我々が心に刻み込むべきことは、

「原発がなくても日本の電力は十分にまかなえる」

ということです。


小出氏によると、現在日本の火力発電所の稼働率は48%であり、現在の原発の総発電量をそのまま火力発電でまかなっても、なお稼働率は70%程度。つまり「原発の稼動を止め、完全閉鎖し、全面的に火力発電にシフトしても、何の問題もない」ということなのです。(このデータは政府・電力会社からオフィシャルに公開されているものです)しかも「ローコスト」を謳っていた原発が、実は建設コストや閉鎖時のコストなどトータルに見ると、むしろ火力よりもコスト高になるというデータも小出氏により説明されています。

私はこのデータを3月11日の地震発生から10日ほど経った時にネット上で目にし、これがきっかけでそれまでの「原発必要悪派」から「原発不要派」に転じました。そして今回小出氏の明快な解説とともに再びこのデータを目にして、改めて「原発を今後も持ち続ける理由はまったくない」と思わされました。

にもかかわらず、なぜ政府・中央官庁や電力会社は原発に走ったのか。理由は単純、「原発を推進することでおいしい思いができる連中が、政治家にも官僚にも電力会社にも設備関連メーカーにもた〜くさんいた」からです。こういう「原子力ムラ」の面々が、上記のようなデータはほとんど国民に知らせないまま、こぞって原発を喧伝して推し進めたのです。

それが今回の事故で、自然災害の多いこの国で原発を稼動させることがいかに危険極まりないかがあからさまになったばかりでなく、「実は原発など日本にはまったく必要のないものだったのに、『原子力ムラ』の連中が、市民の安全より自分たちの利権を優先して造ったものだったのだ」ということが、どんどん白日の下にさらされているです。

この「原子力ムラ」の面々のみならず、原発擁護派は国民の中にもいまだに少なからずいるようです。彼らの主な言い分は、@原発をなくせば日本の電力はまかなえない=国民の生活が成り立たない A原発はコストが安い B石油のようないずれ枯渇する化石燃料にいつまでも頼るわけにはいかない の3点だと思います。

しかし@とAは上記の小出氏の説明で覆りましたし、Bにしても、枯渇するといってもそれは数年先のことではありません(私は高校時代に授業で「石油はあと30年で枯渇する」と教わりましたが、その後新しい油田の開発や採掘技術の向上などにより、この枯渇年数はほぼこの数字のまま推移しています)。

このような現状を鑑みると、今後日本のエナジー政策が進むべき方向は、

《 原発の新設はここでストップ・稼働率も徐々に下げ、火力にシフト ⇒ その間に太陽光・風力などのクリーンエナジーの開発・実用化を進め、これを低コストで供給できるシステムを構築する:この事業に参入する企業に補助金を出すなど、国家プロジェクトとして推進 ⇒ 原発完全停止・火力に完全シフト ⇒ クリーンエナジーが実用化、一般への普及の推進:ソーラーパネルの設置にエコポイントのような優遇措置を取る、など  ⇒ クリーンエナジーの総発電量に占めるシェアが徐々に増大 ⇒ クリーンエナジーのシェアが最大になる 》

・・・という流れで進むべきだと思います。


もちろん、課題は山積しています。クリーンエナジーの開発がなかなか進まないのは「高コスト」というネックがあるからですが、世界を眺めてみると、ヨーロッパやカナダ、さらには技術力で日本に劣るはずの中国、タイ、マレーシアなどのアジア諸国でも、風力や太陽光などのクリーン発電が進んでいます。世界のクリーンエナジー開発と導入は、我々日本人が思っている以上に進んでいるのです。(詳しくは下記の対談をご覧下さい)

http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110407_5007.php

この対談でも指摘されていますが、日本でクリーンエナジーが進まないネックは、@貧しい支援政策 A電力会社の独占 B縦割り・硬直規制 C社会合意の不在。つまり国は基本的に「原発推進派」であり、政も官も民(電力会社・施設関連メーカー)もこぞってどんどん進めたがっています。こういう彼らにしてみれば、原発に取って代わるクリーンエナジーなど考える気にもなれないのでしょう。だから「クリーン原発」を謳い続け、国民もそれに洗脳されて、「原発がなかったら暮らしていけない。クリーンエナジーはコストがかかってまだまだ使えない」と思い込んでしまっているのです。

しかし、今回の事故で原発の安全性が根本から揺らぎ、その推進過程がいかにダークでダーティーなものだっかがネットなどを通じて次々にあからさまになり、さまざまなデータによってその必要性がほとんど否定されようとしている今、このまま原発を推進・擁護し続けることは、決して大げさではなく「国家の破滅・日本国民の大災厄」につながる危険性があります。

「原子力ムラ」の面々がどれほどの危機意識を持っているのかはわかりませんが、事は今回の事故の収束にとどまらず、今後のこの国のエナジー政策、経済・産業政策、さらには国家戦略にもつながることなのです。そして何よりも国民の生命と安全、生活と将来がかかっているのです。「ムラの利権」に執着することはもはや許されません。

そして国にこの方針変更をさせるためには、我々国民が声を挙げて政府に訴えることが必要不可欠です。このままでは自分たちの生命や生活が脅かされることを強く認識し、「ピープル・パワー」で政府にモノ申すのです。もう今までのような「サイレント・マジョリティー」でいるわけにはいきません。事は自分たちの命、生活、そして子供たちの将来にストレートに関わる重大事なのですから。

posted by デュークNave at 04:46| Comment(0) | 政治・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

政治家の「失言」、実は単なる「本音がポロッ」

柳田法務大臣や仙谷官房長官の「失言」が世の中を騒がせています。

柳田法相は、地元・広島での国政報告会でのこのコメント。

「法相はいい。わからなかったら、

『個別の事案については答えを差し控える』
『法と証拠に基づいて適切にやっている』


この2つを言えばいいから」

仙谷官房長官は、自衛隊を「暴力装置」と言い放った件。


ご両人とも、自分の発言についてすぐ謝罪していますが、柳田法相に対しては、自民党を中心とする野党が問責決議案を参議院に提出すると息巻いています(もし提出されたら、野党が過半数を占める参議院では可決される気配が濃厚です)。仙谷官房長官については(この人の発言はこれまでもたびたび物議をかもしていますが)、閣僚としての資質を問う声がまたも上がっています。

この「政治家の失言」。古くは吉田茂首相が、ラジオ放送で一部の労働運動指導者を「不逞の輩」と呼んで全国ゼネスト寸前の事態を招き、「バカヤロー」は衆議院の解散を招きました。「(太平洋戦争での)南京大虐殺はなかった」と言って辞職させられた法務大臣もいました。

これらの「失言」、実は失言でも何でもありません。単に「本音がポロッと出てしまった」だけです。

柳田法相は、実はこの20年近く法務関係には一回も触れたことがないそうで、

「そんなオレでもこの2つのフレーズで務まるんだから、法相なんて楽なモンだよ」

この「ド本音」をモロに出してしまったということでしょう(地元の支持者の前だったので、頭も口も緩んだということもあるでしょうけど)。

ちなみにこの2つのコメントを本音に言い換えると、

「個別の事案についてはわからないから答えられない」
「法と証拠に基づいてテキトーにやっている」


って感じですかね(笑)。


仙谷官房長官は、「全共闘世代」の血がよみがえり、「体制側の軍隊」である自衛隊に対する「ド本音」が思わず出ちゃったんでしょうねえ。

言葉というものは、心の中にあるから口を突いて出てくるものなんです。だから世の中に「失言」など存在しません。政治家は人前で発言する機会が何かと多いですから、こういう「ヤバい発言」はすぐあからさまになってしまいます。なかなかに辛い商売ですね。

でもあなた方は、それを覚悟の上で政治家になったんでしょう? 発言する時は、自分の置かれた立場を認識し、自分の発言が多方面に影響を及ぼすことを常に念頭に置いて、しっかりとセルフコントロールをした上で話して下さい。あなた方はそれを求められる「人種」なんですから。

posted by デュークNave at 06:19| Comment(0) | 政治・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする