2017年02月01日

フェデラー、18度目のグランドスラムタイトル:その「美しきテニス」の復活に、ただ感嘆 〜全豪オープン2017・男子シングルス〜

【 「神が創造した芸術品」の完全復活:その美しさに触れた心地よさ 】

全豪オープンの試合を連日観戦していて、私は不思議な心地よさに包まれていた。最初はその原因がよくわからなかったのだが、男子シングルスの準々決勝を観終わった時に気がついた。ほぼ半年のブランクを経て戦線に復帰したロジャー・フェデラー(スイス)の、柔らかい芸術的なプレーに魅せられるとともに、全盛期を彷彿とさせる美しきテニスの復活を目の当たりにした喜びの入り混じった、至高の心地よさだったのだ。「神が創造した芸術品」とまで称賛されるフェデラーの美しいプレースタイルが、この全豪で完全復活した。


【 第17シードからの快進撃:我らが錦織も飲み込まれる 】

膝の手術のために昨シーズンの後半を棒に振り、今大会は第17シード。しかしフェデラーは大会前、「低いシードからの復帰は楽しみ。心配すべきは早い段階で僕と戦う他の選手たちの方じゃないかな?」と余裕のコメントを残していた。その言葉通り、3回戦で第10シードのベルディヒ(チェコ)をストレートで破り、続く4回戦では、我らが錦織圭(第5シード)をフルセットの激闘の末に下す。第2シードのノバク・ジョコビッチが2回戦、第1シードのアンディ・マリーが4回戦でまさかの敗退を喫しており、グランドスラム初制覇を狙う錦織にとっては絶好のチャンスだった。それだけにベスト16での敗退は残念だが、「相手がフェデラーなら仕方がないか」とも思ったし、フェデラーのプレーにかつての輝きが戻ってきたことに、私は喜びを感じていた。


【 決勝の相手はナダル:復活したレジェンド同士のドリームマッチ 】

続く準々決勝ではマリーを下したM・ズベレフ(ドイツ)をストレートで破り、準決勝ではスタン・バブリンカ(第4シード)とのスイス勢対決をフルセットの末に制する。期待し注目はしていたものの、故障明けでほぼぶっつけ本番だったフェデラーがまさか決勝まで勝ち上がるとは、ファンはもとより本人も驚きだっただろう。

しかし、今大会のサプライズはこれにとどまらない。
もう一方のブロックから決勝に勝ち上がってきたのは、第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)。
かつてはフェデラーとともに「ビッグ4」の一角に君臨してきたナダルだが、ここ数年は故障に悩まされ、グランドスラム大会でも不振が続いていた。しかし今大会ではそのスピンの利いたパワフルなショットが復活し、準々決勝では第3シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を何とストレートで屠り、準決勝ではグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を約5時間の大激戦の末に退けた(この試合はすごかった!)。

フェデラーVSナダル。この長きにわたってテニス界の頂点に君臨してきたレジェンド同士の対決が、グランドスラム大会の決勝で再現するとは何とすばらしいことか。この顔合わせだけで、私を含めた長年のテニスファンは感涙にむせんでいたに違いない。そして試合も、全豪のみならずテニス史に永遠に刻まれる、観る者にテニスの醍醐味を堪能させてくれる、「これぞテニス!」と呼ぶにふさわしいすばらしい戦いになった。


【 第4セットから最終セット序盤、ナダルに流れが行きかけたが 】

フェデラーの2−1リードで迎えた第4セット。それまで正確だったフェデラーのストロークが乱れ始める。フォア・バックともにアンフォーストエラーが増え始め、特に長いストローク戦になると先にフェデラーがミスをするケースが増えてくる。フェデラーのラケット面を揺さぶり続けてきたナダルの強烈なスピンショットが、ここにきてボディーブローのように効いてきたのか。第4ゲームでフェデラーのサービスを破ったナダルが、そのまま押し切って6−3で第4セットを奪う。両雄の頂上決戦は、ついにファイナルセットにもつれこんだ。

その最終セットの第1ゲーム、ナダルはここでも強烈なショットを連発し、いきなりフェデラーのサービスを破る。この試合、先に相手のサービスをブレークした方がそのセットを取るという流れになっている。第4セットから目立ち始めたフェデラーのミスとナダルのストロークの伸び、そして最終セット出だしでのサービスブレーク。フェデラーファンの私は「これはナダルに流れが来ているな。ヤバいな」と思ったのだが・・・。


【 よみがえったフェデラーの「芸術品」 】

その後はサービスキープが続き、ナダルが3−2とリードを保つ。なかなか追いつけないフェデラーだったが、私は一筋の光明を見ていた。ナダルはブレークは許していないものの、第2ゲームで3つ、第4ゲームでも1つのブレークポイントを迎えており、かなりサービスキープに苦しんでいた。私は「この流れならブレークチャンスは十分にある。とにかく早くブレークすることだ」と念じていた。

そして迎えた第6ゲーム、ナダルのサービス。すばらしくスリリングなストロークの応酬の末、フェデラーがつかんだ2つ目のブレークポイント。ナダルの深いショットをフェデラーがライジングで返し続け、その速いテンポにナダルが押されてフォアがサイドアウト。ついにフェデラーがブレークに成功し、3−3のタイに持ち込む。続くサービスゲームをラブゲームでキープし、フェデラーが初めてこのセットでリードする。テンポの速いプレーが再び決まり始め、流れはフェデラーに傾きつつあった。

そして勝負の第8ゲーム。ナダルのダブルフォルトなどで、0−40とフェデラーが3ブレークポイントをつかむ。しかしこの絶体絶命のピンチを、ナダルはスピンの利いたサービスとパワフルなストロークで3ポイントを連取、デュースに持ち込む。だがここからもフェデラーはプレッシャーをかけ続け、連続でブレークポイントをつかむ(特にこのゲーム4つ目のブレークポイントをつかんだ時のラリーは、この試合最長の26。エース級のショットの応酬の末、フェデラーのフォアのダウンザラインが決まった。テニスのストローク戦の、まさに最高峰だった)。そしてこのゲーム5つ目のブレークポイント、フェデラーの角度のあるバックのリターンをナダルが返し切れずにネット。フェデラーがナダルのサービスを連続で破り、4ゲーム連取で5−3とリードする。

第9ゲーム、フェデラーの”Serving for the Championship”。ネットに詰めるフェデラーの脇をナダルの鋭いパスが抜ける。次のポイントもストローク戦をナダルが制し、0−30。ノータッチエースでフェデラーがポイントを返すが、またもナダルのパワフルなショットがフェデラーを圧迫し、浅くなったロブをナダルがボレーで仕留めて15−40。ナダルが逆にブレークバックのチャンスをつかむ。しかしここでまたフェデラーのノータッチエースがセンターに決まり、次のポイントも速いストロークでウイナーを奪ってデュースに。そして迎えた2度目のChampionship point、フェデラーのフォアのクロスがサイドラインに決まる。ナダルはチャレンジを要求するが、しっかりラインに乗っていた。フェデラーが3時間38分の激闘を制し、全豪5度目の優勝、そして前人未到の18度目のグランドスラムタイトルをつかんだ。


【 多言を要しない、2人のレジェンドの「至高のテニス」 】

興奮のあまりずいぶん長々と書いてしまったが、こういう「絶品」はあまり言葉を要しない、いや多言してはいけないのだろう。「とにかく観ろ!」の一言だ。互いの技術と経験、そして精神力のすべてを注ぎ込んだ至高のテニス。「フェデラーはすばらしかった、しかしナダルもすばらしかった。」もうこれしか言えない。テニスのすばらしさの神髄を見せてもらった。2人のレジェンドが紡ぎ出したこの芸術品は、全豪史上、そしてテニス史上永遠に語り継がれるであろう、世紀の名勝負になった。今はただ、この両雄に「すばらしいものを見せてくれて、本当にありがとう」の言葉を贈るのみである。

posted by デュークNave at 05:50| Comment(0) | スポーツ-テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

“Mr. Runner-up”を返上しろ、錦織! 〜全豪オープン前哨戦・ブリスベン国際〜

今季のグランドスラム第1戦・全豪オープンの前哨戦となるブリスベン国際。世界ランク5位の錦織圭は、準決勝で同4位のスタン・バブリンカ(スイス)を破ってこの大会初の決勝に進出したが、同17位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に2−6、6−2、3−6で敗れ、昨年2月のメンフィス・オープン以来のツアー12勝目を逃した。これでツアー決勝では5連敗である。


【 壁を破ったあとに守りに入る? 過去にもあったパターン 】

この大会はツアーの格としては4番目の250シリーズだが、開催地(オーストラリア)とタイミング的に全豪オープンの前哨戦となるため、世界ランクトップ10のうち5人が出場した。その中での決勝進出は意義があるし、昨年の全米オープン覇者で難敵のバブリンカを破ったのは評価できる。しかしその壁を打ち破ったあとの決勝で、過去3戦全勝の格下に敗れたのはいかがなものか。


思えば錦織が初のグランドスラム決勝進出を果たした2014年の全米オープンもそうだった。準々決勝でバブリンカ、準決勝で当時世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(クロアチア)を破って決勝へ。相手は過去5勝2敗、直近では3連勝していたマリン・チリッチ(クロアチア)。相性はいいはずだったが、緊張からかそれまでの思い切りのいいストロークが影を潜め、ストレート負けを喫した。錦織は「相手がロジャー・フェデラー(スイス)なら挑戦者として思い切りぶつかれた」と述懐したが、チリッチはそのフェデラーを準決勝でストレートで破っているのだ。ということはその時点ではフェデラーよりも難敵だったわけなのだが、当時の錦織はそういう頭の切り替えができなかったようだ。そしてこれと同じことが、ブリスベン国際でも起こってしまったといえる(ディミトロフが準決勝で、世界ランク3位・第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を破っているという状況も酷似している)。第2セットで臀部の痛みに襲われたということもあっただろうが、それ以前に、準決勝のようなチャレンジャー精神になれずに受けに回ってしまったと言えないだろうか。


【 善戦マンを返上せよ:錦織も稀勢の里も 】

準優勝者のことを英語で”Runner-up”と呼ぶ。「決勝戦まで勝ち上がった選手」というニュアンスだろうか。コンスタントに大会の上位まで進出するが、どうにも勝ちきれない。大事な一番を落とす。最近の錦織にはこういうイメージがつきまとっている。これは大相撲の世界でいえば、昨年年間最多勝を挙げながら、念願の初優勝はできなかった大関稀勢の里を思い起こさせる。大関陣でもっとも優勝・綱取りを期待され、コンスタントに好成績は上げるのだが、「ここ一番」で勝てない。その「善戦マン」を尻目に、脇役扱いだった琴奨菊や豪栄道が初優勝を遂げた。内心忸怩たる思いだったに違いない稀勢の里が、ついにブレイクできるか。今年の角界の最大の関心事はこれだろう。NHK解説の北の富士勝昭さん「稀勢の里を横綱にする会」会長、舞の海秀平さんが副会長に就任したというジョークがあるが、協会の首脳もファンもそれを切望しているのだ。


そして錦織に対するファンの期待もこれと同じである。「善戦マン」から脱却し、念願のツアー1000シリーズの優勝、そしてグランドスラム優勝を今季こそ勝ち取ってほしい。”Mr. Runner-up”を返上し、”Winner”、”Champion”にランクアップすることを切に望む。


posted by デュークNave at 04:20| Comment(0) | スポーツ-テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

日本女子テニス界に現れたパワフルな超新星・大坂なおみ

以前このブログで書いたように(http://keep-alive.seesaa.net/article/155561141.html?1475350219)、私はセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)的なパワーテニスは基本的に好きではない。一番好きなのはシュテフィ・グラフ(ドイツ)のような硬軟を交えたベースラインプレーヤーであり、スリリングなストローク戦こそテニスの醍醐味だと思っている。

しかしそのパワーテニスをやるのが日本人選手であり、目下世界ランキングを急上昇中となると話は違ってくる。東レ・パンパシフィックオープンでツアー初の決勝に進み、惜しくも優勝は逃したものの、昨シーズン終了時には203位だった世界ランクが47位にジャンプアップした、大坂なおみがその人だ。


【 日本人離れしたパワフルなプレースタイル 】

父がハイチ系アメリカ人、母が日本人。大阪で生まれ、ニューヨークとフロリダで育った。今も生活の拠点はアメリカにあるので、話す言葉のメインは英語、日本語は流暢とは言えない。そしてそのプレースタイルも、本人の憧れの存在というセリーナを彷彿とさせる、日本人離れしたビッグサーブとパワフルなストロークが武器だ。

サービスのスピードは最速で200キロを超え、男子並みの破壊力を誇る。そしてストロークは、得意はフォアというが、ダブルバックハンドも非常にパワフルだ。ストローク戦で多少押し込まれても、角度のあるパワーショット一発でエースやウィナーを奪う力強さがある。


【 まだまだ不安定な精神面、これを克服できれば・・・ 】

課題は精神面だ。まだ18歳という若さのせいもあるだろうが、試合中の気持ちの浮き沈みが大きく、安定性に欠ける。全米オープンの3回戦ではファイナルセットで5−1と大きくリードしながら、「メンタルが崩壊して(本人談)」逆転されたし、パンパシの決勝でも、第1セットで相手の元世界1位・ヴォズニアッキがメディカルタイムアウトを取ったことを気にしすぎてペースを乱した。またスロースターターなのか、第1セットはファーストサーブの確率が悪くて苦戦することが多い。

しかし逆に言えば、これだけの不安定要素を残していながら世界ランクを駆け上がってきたということは、それを克服できればさらに上、トップ20やトップ10も十分射程圏内にあるということだ。まだまだ粗削りだが、スケールの大きさを感じさせ、大きな伸びしろを期待できることが、現時点での彼女の最大の魅力だ。

伊達公子の世界ランク4位、ウインブルドン・ベスト4を超えることができるか。大坂なおみのさらなるブレイクに注目したい。



posted by デュークNave at 04:41| Comment(0) | スポーツ-テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

ジョコビッチ連覇:頂上決戦を制した「盤石の守備力」 〜 Wimbledon 2015 Gentlemen’s Singles Final 〜

第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア:世界ランク1位)と第2シードのロジャー・フェデラー(スイス:同2位)。ウインブルドン男子シングルスの決勝は、頂上決戦にふさわしい最高の顔合わせになった。

今大会の両者の戦いぶりを見ると、フェデラーの好調ぶりが目立つ。6試合で失ったセットは1、しかも与えたブレークポイントはわずかに4。アンフォーストエラーが少なく、ネットプレーでの得点が多い。これはサービスゲームが非常に安定しており、ストローク戦でも優位に立ち、しかも積極的にネットに出て時間を掛けずに得点していることを意味している。かたやジョコビッチは、4回戦で2セットダウンからの大逆転という際どい試合があり、安定感に一抹の不安があった。フェデラーファンの私は、絶好調のフェデラーがジョコビッチの盤石のディフェンスを崩してくれることを期待していた。

【 フェデラーの攻勢をはね返すジョコビッチの「深いショット」 】

しかし試合が始まって数ゲームが経つと、「これはフェデラーが勝つのはかなりきついな」と気づいた。まずサービスは、エースはジョコビッチの方が多く、サービスそのものがジョコビッチの方が好調。しかもリターンもジョコビッチの方が相手のサービスに合っており、深く鋭いリターンが返る。

中でももっとも出色だったのはストローク戦だった。フェデラーはこれまでの6試合と同様、時間をかけずにポイントを奪おうとかなり攻撃的にストロークを打ってきたが、ジョコビッチはこれに着実に対応した。どんなに厳しいショットを放ってもジョコビッチの返球が甘くも浅くもならないため、フェデラーはなかなか主導権を握れない。するとどうしてもラリーは長くなり、フェデラーが先にミスをすることが多くなる。また返球が少しでも浅くなると、ジョコビッチは鋭いアングルショットを放ってくる。ジョコビッチは得意の守備力でフェデラーの速攻を封じ、長いラリーに持ち込んで着実にポイントを重ねていった。

フェデラーが不調だったわけではない。ストローク戦でも硬軟織り交ぜたすばらしいショットを放ったし、時にサーブアンドボレーを見せるなど、長引かせずに早く決めようという意図が見えた。しかしこれまでの試合と比べるとアンフォーストエラーが多かったことは確かだ。ジョコビッチの16に対してフェデラーは35。これはあれだけの攻勢に遭いながら1セット当たりのミスがわずかに4という、ジョコビッチのすばらしい守備力の表れでもあるが、ディフェンスに優れたジョコビッチ相手に長いストローク戦は不利と見たフェデラーが、勝負のショットに出ることが多かったことも表している。

最終スコアは7−6(7−1)、6−7(10−12)、6−4、6−3。第2セット、タイブレーク3−6と3セットポイントを握られ、その後も計7度のセットポイントを与えながらはね返したフェデラーの粘りはすばらしかった。しかしここで落胆せず、安定したディフェンスを崩さなかったジョコビッチの「攻撃的守備力」が、フェデラー以来の連覇と3度目の栄冠をもたらした。

【 選手もファンも魅了する、フェデラーの「流れるような美しいテニス」 】

・・・でも、私はフェデラーのプレースタイルが好きだ。見た目はさほどパワフルではなく、バックハンドのスライスショットをはじめとして、放つショットは非常に柔らかだ。その一方で相手のコートに突き刺さる、深くアングルの鋭いショットも併せ持っている。全体的に力みがなく、流れるように美しいテニスなのだ。

33歳にしてあれほどアグレッシブでインパクトのあるテニスができる彼は、ジョコビッチが優勝インタビューで語ったように「全選手が尊敬している」にふさわしい。次のUSオープンでも、持ち前の流れるような美しいプレーを見せてほしいものだ。


posted by デュークNave at 06:42| Comment(0) | スポーツ-テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

グランドスラム28連勝・2度目の「セリーナスラム」達成 〜 Wimbledon 2015 Women’s Singles Final 〜

ウィンブルドン女子シングルスの決勝は、第1シードのセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)が6−4、6−4のストレートで第20シードのガルビニエ・ムグルーサ(スペイン)を破り、3年ぶり6度目の優勝を果たした。セリーナは昨年のUSオープン優勝以来、今年の全豪・全仏と併せてグランドスラム4連勝を果たし(これは本人が「セリーナスラム」と呼んだ、2002年全仏〜2003年全豪の4連勝以来2度目の快挙)、グランドスラム大会での連勝を28まで伸ばした。次のUSオープンでは、本人初の「年間グランドスラム」がかかる。

【 セリーナ圧勝かと思われたが・・・予想以上の接戦 】

準決勝で最大のライバルと目された第4シードのマリア・シャラポワ(ロシア)に圧勝し、観ている側も「負ける要素などほとんどないのでは」と思われて迎えたファイナル。相手のムグルーサは21歳の新鋭、グランドスラム大会では2014・2015年の全仏ベスト8がキャリアハイであり、決勝進出はもちろん初めて。実績・経験ともにセリーナが圧倒しており、私は「これは一方的な試合になるのでは」と予想していた。

ところが、試合は思わぬ展開になった。第1セットのオープニングゲームで、セリーナがまさかのダブルフォルト3度を犯し、いきなりブレークを許す。ムグルーサは思い切りのいいストロークでセリーナに主導権を与えずにサービスキープを続け、1ブレークアップのままリードを保つ。しかしセット終盤になると、セリーナが持ち前のパワフルで鋭いストロークでムグルーサのサービスを連続でブレークし、逆転で第1セットをものにした。

第2セットに入ってもセリーナの勢いは続き、ムグルーサのサービスを立て続けにブレークして5−1とリードし、一気に”Serving for the championship”を迎える。誰もがこのまま終わるのではと思ったが、ここからムグルーサがすばらしい反発力を見せる。思い切りのいいサービスリターンとストローク、果敢なネットプレー、そして鋭いパス。1度マッチポイントを握られたが、ここでもすばらしいフォアのウイナーを放って凌ぎ、セリーナのサービスを連続で破って4−5、ブレーク数ではイーブンに持ち込んだ。

【 ムグルーサの猛追をセリーナが最後にはね返す:絶対女王の底力 】

ムグルーサの見事な粘りに、沸きに沸くセンターコート。次のサービスをキープすれば、完全にイーブンに追いつく。・・・しかしそれがかえってプレッシャーになったのか、ファーストポイントはダブルフォルト。次のポイントはセリーナのバックハンドがネットイン。球運が再びセリーナに傾いたのか、続くポイントもムグルーサがストロークでミスして、一気にトリプルの優勝ポイントとなる。そしてその1ポイント目、ワイドへの厳しいサーブをリターンし、深いショットを返すと、ムグルーサのフォアがサイドラインを割る。スリリングな熱戦に、ついに終止符が打たれた。

プレート贈呈のセレモニーでは、準優勝のムグルーサに観衆から盛大な拍手が送られた。初の決勝という大舞台で思い切りのいいプレーを見せ、ひるむことなく「絶対女王」に挑んだ。特に第2セット後半からの逆襲、粘りはすばらしかった。観衆の満場のスタンディングオベーションもむべなるかな、である。

そしてその新鋭の果敢な挑戦をはね返したセリーナも、またすばらしかった。絶対女王にとっては、こういう「失うものは何もない」ニューカマーとの戦いは、強いライバルと戦うよりもやりにくいものだ(セリーナの脳裏には、17歳のシャラポワに敗れた2004年の決勝戦がふっと浮かんだのではないか)。しかしそれをパワフルなショット、高い防御力とコートカバーリング、そしてそれを支える安定した精神力ではね返した。

【 強さ+安定感のセリーナ:全米で年間グランドスラムに挑む 】

セリーナといえば、実力は間違いなく世界一だが、そのパワフルなプレースタイルゆえのケガが多く、好不調の波も大きかった。強い時はグランドスラムタイトルを連勝するが、早い段階であっけなく敗れることもあった(今回の2度目のセリーナスラムの前は、全豪4回戦・全仏2回戦・ウィンブルドン3回戦と、ともに早々に敗退している)。33歳、年齢的には全盛期を過ぎた年代だが、今のセリーナは1度目のセリーナスラムのころよりも、安定感という点では上回っていると思う。自身初の年間グランドスラムがかかる全米オープンも、現時点ではまちがいなく優勝候補の最右翼、それもダントツの筆頭だろう。サーフェスも得意のハードコートであり、今のセリーナから女王の座を奪うのは容易なことではない。

セリーナの年間グランドスラム達成への期待で、全米オープンはいつにもまして注目される大会になった。来月下旬からの戦いが待ち遠しい。

posted by デュークNave at 10:50| Comment(0) | スポーツ-テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする