2017年10月23日

「疑惑残し沈黙勝ち」:オウンゴールに助けられ、安倍政権継続へ 〜衆議院議員総選挙〜

今回の総選挙の記事は、詳しく書く気がしない。「与党3分の2維持・立憲民主躍進・希望低迷」この結果をもたらした最大の原因は、小池百合子・希望の党代表の「選別」だ。

安倍政権を本気で打倒したいのなら、民進党が合流を申し出てきた時、無条件で受け入れなければならなかった。確かに掲げる政策にバラつきはあっただろうが、「数の論理」で強引な政権運営を行ってきた安倍政権を倒すには、自らも数をそろえることを何よりも優先させねばならなかった。数をそろえ、東京都議会議員選挙における「都民ファーストの会」のような「反安倍の受け皿」を作らねばならなかったのだ。

それを冷たく突き放し、生命線の「数」を自ら減らしてしまった。合流しなかった旧民進党の議員たちは立憲民主党を立ち上げた。「受け皿」が大きく割れてしまったのだ。さらに悪いことに、この冷たい仕打ちが国民の反感を買い、事前の調査では希望の党への支持は低迷した。加えて掲げる政策も与党との明確な違いを示せず、この点でも希望の党は「反安倍の受け皿」にならなかった。

そして結果は、本来なら与党に拮抗した勢力になるはずだった希望の党は、「排除」した立憲民主党にも後れを取って野党第2党に甘んじた。完全な戦略ミス、国民感情の読み間違いである。

今回の選挙は自民が勝ったのではなく、野党が勝手に分裂し競合し、勝手に負けた。まさに「オウンゴールで転がり込んだ勝利」だった。タイトルに掲げた「疑惑残し沈黙勝ち」:これは毎日新聞の見出しのパクリだが、この短い言葉が今回の自民を端的に表している。


これで安倍政権がまだまだ続く。2019年のラグビーワールドカップも、2020年の東京オリンピック・パラリンピックも、安倍強権(狂犬?)政治のもとで行われることになるのか? そのころのこの国は、どんな恐ろしい国家主義国家に変貌しているのだろうか。それを許さない活動は細々としていきたいが、それよりもそんな国家体制にどっぷり取り込まれないよう、今から準備をしておかねばならないな。


posted by デュークNave at 09:54| Comment(0) | 政治・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。