2017年09月01日

まさに「快勝」:日本代表、「天敵」豪州を破って6大会連続のW杯出場決定!

こんな見事な勝ちゲームを観たのは本当に久しぶりだ。サッカー日本代表が昨夜のロシアW杯アジア最終予選でオーストラリアを2−0で破り、6大会連続の出場を決めた。この最終予選の悪いパターン「先制しても逃げ切れずに追いつかれる」を許さず、逆に追加点を挙げて完封するという、久々に爽快な「快勝」だった。


この試合前、イヤなデータが2つあった。@W杯の予選で日本は豪州に勝ったことがない(0勝2敗5引分) Aアジア最終予選の初戦で敗れたチームがW杯出場を決めたのは前例なし:しかも初戦のUAE戦での敗戦はホームだった ・・・しかし私は、なぜかこの試合は「勝てるんじゃないか」という予感があった。別に何の根拠もなかったのだが、だからこの2つのイヤなデータもさほど気にならなかった。

先発メンバーを見て、「おお、ハリル監督はいい選択をしてるな」と思った。FWは大迫を1トップに、左右に乾と浅野。左のMFに井手口、左CBに昌子と、「今が旬」の好調な若手を起用。本田も岡崎も香川も先発にいない。過去の実績や経験より、今のコンディションや調子を重視したメンバー構成だ。

そしてこの若い旬の選手たちが、試合開始早々からすばらしく躍動した。FWもMFも高い位置から、厳しく積極的なプレスをかける。しかもその動きが組織的で選手間で連動しているので、豪州はほとんど攻撃の形を作ることができない。そしてその高い位置でボールを奪って速く鋭い攻撃を仕掛ける。この試合が「快勝」のまま終わったのは、この積極的かつ組織的な試合運びを最後まで貫くことができたからだ。

こうして選手たちがそれぞれの持ち味を発揮し、いい流れできていた前半41分、スピードスター・浅野の長所を生かした鮮やかな先制ゴールが生まれる。左SB長友の絶妙のクロスに、逆サイドにいた浅野がこれも絶妙のタイミングで相手DFラインの裏に飛び出し、左足でダイレクトに合わせた。それまでは浅野自身が右サイドから敵陣に持ち込むことが多かったのだが、これでは彼のスピード、一瞬の切れ味が生きない。観る側がじりじりした思いに駆られていた時、その「一瞬の切れ味」を引き出すすばらしいゴールが決まった。


後半に入っても日本押し気味のペースは変わらず、豪州はほとんどいい形の攻撃ができない。そして37分、中盤ですばらしいプレスを続けていたMF井手口が、原口から受けたボールを右にドリブル。相手DFをかわして右足を振り抜くと、ボールはカーブを描いて豪州ゴールの右隅ネットを揺らした。代表最年少・21歳の井手口の目にも鮮やかなミドルシュートは、日本のW杯出場を大きく手繰り寄せる値千金の追加点になった。


そしてこのまま試合終了。終わってみれば、シュート数は日本15・豪州4。コーナーキックも日本8・豪州3。データ的にも日本の完勝だった。もちろん試合中は、何が起こるかわからないので観る側は最後までハラハラドキドキだったが、試合運びはまったく安定しており、最後まで危なげがなかった。何度も言うが、こんな気持ちのいい「快勝」を観たのは本当に久しぶりである。


日本代表の皆さん、W杯出場おめでとう。そして、すばらしい試合を見せてくれて、本当にありがとう! 細かいことは言うまい、今はこの言葉を贈るのみだ。

posted by デュークNave at 07:14| Comment(0) | スポーツ-サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。