2017年07月29日

(解散)総選挙が先か、「国民ファーストの会」が先か:日本の将来を大きく左右する分水嶺

7月2日の東京都議会議員選挙での自民党の惨敗・都民ファーストの会の大躍進は、政界の空気を一変させた。あれほど安倍政権が逃げ回っていた加計学園問題について閉会中審査が行われ、安倍首相も答弁の席に立った。もっとも、言葉遣いや態度は「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と言い放ったころと比べると、かなりトーンダウンして神妙になったが、語る中身は以前と全く変わらず、逃げてかわすばかりだ。稲田防衛大臣もようやく辞任を表明したが(これは典型的な「遅きに失した」パターンだ)、こんなことは今の、そしてこれからの日本にとって些細なことでしかない。

今後の政局でもっとも注目すべきこと:それは「来年12月の衆議院議員総選挙までに(その前に解散があった時はそれまでに)、『国民ファーストの会』のような『安倍政権NO!の受け皿』ができるかどうか」だ。第二次安倍政権が成立して以降の3度の国政選挙と、今回の東京都議会議員選挙の大きな違いは何か。それは「安倍政権NO!の受け皿」があったかなかったか、だ。2013年の参議院議員選挙の時はまだ批判の声は大きくなかったが、2014年12月の衆議院議員総選挙の時は、特定秘密保護法の強引な成立に対する批判がかなり高まっていた。しかし民主党(当時)ら野党がこの批判の受け皿に十分にはなりえずに与党が勝利し、2016年7月の参議院議員選挙ではついに「3分の2」を許してしまった。これは国民の相変わらずの政治意識の低さのせいでもあるが、安倍批判票を投じるべき政党がなく、消去法的に与党に投票したり、棄権したりという有権者がかなり存在していたことが大きかった。

しかし今回の東京都議会議員選挙では、「都民ファーストの会」というはっきりした受け皿があった。さらに「もり・かけ」問題や、稲田防衛大臣・金田法務大臣ら「問題閣僚」たちの不誠実な対応や数々の問題発言が安倍政権への批判を加速度的に増幅させ、投票日前日の秋葉原での安倍総理の「こんな人たち」発言が最後のダメ押しになり、自民党の歴史的大敗につながった。国民の中で安倍政権への批判がどれほど充満していたかを、今回の選挙結果が極めて明快に示したのである。

この結果を国政に反映させるためには、国政レベルでも同じような受け皿が必要になる。あと1年半足らずの間に、「国民ファーストの会」のような新党を成立させられるかどうか。安倍政権はその延命のために、そうなる前に選挙を迎えたいだろうから、「そうなる前解散・総選挙」に打って出る可能性は十分ある。もしそうなったら、与党はそれなりに負けるだろうが、政権交代までには至らずに終わる公算が大きい。そう考えると、時間はあまりない。豊洲移転問題や東京五輪も大事だが、国全体のことの方がもっと大事だ。小池百合子知事が早く国政に進出する準備をしないと、安倍政権に「今のうち解散・総選挙」を仕掛けられて、あの暴政が生き延びることになってしまう。今が絶好のチャンス、逆に今を逃せば、もうチャンスは訪れないだろう。

・・・しかし、現状は難しいだろう。小池知事は豊洲移転問題や東京五輪など、東京都がらみの大きな課題を抱えているし、何より大勝したばかりの都議会の体制を整えるのが大変だ(都民ファーストの会の面々は政治未経験者が多いので)。とてもすぐに国政に進出できる状況ではない。そういう意味では安倍政権や与党にとっては、今回の選挙が国政選挙ではなかったこと、そしてこの小池知事を巡る状況はラッキーだ。最長1年半後の「本番」への大警告として、体制を引き締めることができる。・・・正直、「コイツらツイてるなあ、しぶといなあ」と思う。


どうにかして、来年の「本番」までに「受け皿」を作ることはできないだろうか? それができずに安倍政権を延命させてしまったら、・・・もうこの国はアカンな。


posted by デュークNave at 05:54| Comment(0) | 政治・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。